Home > 自宅出産のご案内 > 自宅出産のガイドライン
自宅出産のガイドライン

社団法人 日本助産師会のガイドライン

自宅出産では、医療の介入を必要とする方のお産をお受けすることはできません。
自宅出産のご依頼を受ける場合、社団法人 日本助産師会のガイドラインに沿って、お受けしております。
以下、一部を記します。

助産所での分娩対象者
・妊娠経過中継続して管理され、正常に経過している人
・単胎、頭位で経膣分娩が可能と判断された人
・妊娠中、複数回、嘱託医師あるいは嘱託医療機関の診察を受けた人
・助産師が分娩可能と判断した人


以下のケースは病院での管理分娩になります。
・気管支喘息、甲状腺機能亢進症・低下症、腎障害、子宮筋腫核出後妊娠、などの合併症のある人
・B型肝炎、C型肝炎、ヘルペスなどの母子感染の危険性がある感染症の人
・既往帝王切開、頸管無力症の既往、妊娠高血圧症候群重症の既往、先天性心疾患を有する児の分娩歴など、産科既往のある人
・多胎妊娠、切迫流早産、妊娠高血圧症、妊娠糖尿病、骨盤位などの異常妊娠経過の人

他、詳細については、お尋ねください。
お問い合わせ