Home > 自宅出産のご案内 > 保健指導
保健指導

保健指導について

妊婦健診では、保健指導を占める割合が大きいです。

お腹を触らせていただいて得られる情報は、妊婦さんに全てをお返しして、どういう状況かを知っていただきます。その様子で改善が必要ならば、どうしたらよいかを話し合います。
妊娠中に一度もお腹を触ってもらった事がないという話を聞くことがありますが、自分のお腹がどんな状況かもわからないまま、何も知らないで妊娠期間を過ごすことほど、不安で怖いことはありません。
足の先を触ることで、体の情報をとる事ができます。足が冷えているのは決してよくありません。足には安産のツボがたくさんあるからです。
妊娠しているから、浮腫んで当たり前なんて思っていませんか?浮腫みの原因を探り、原因が分かれば、生活のどこを改善するのがよいかが分かり、取り組めます。
妊娠すると、調子が良く元気になる女性がいますが、女性ホルモンが体中を巡っているからです。妊娠しているから、調子が悪くて当たり前ではありません。血液の循環がよく、女性ホルモンが体中の隅々を巡っているのが理想です。

妊娠中の運動、食事、入浴、睡眠、心、環境について、温灸を施しながら、時間をかけて確認し、アドバイスしています。
健康度を上げてもらう為に、整体や鍼灸、漢方を紹介することもあります。

妊娠中の取り組みは、安産という結果だけでなく、母乳育児にも影響します。 自宅出産した方達は母乳のトラブルが少ないことより、妊娠中に取り組んだ結果が功を奏している事を感じています。

お問い合わせ